検索
  • 〜miyabi〜 雅

Ri・n・ne



輪廻・別名サンサーラ・


生きとし生けるものは、六道の中を転生し続ける


六道とは天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道のことです。


天道(てんどう、天上道、天界道)

天道には、人間より優れた「天人」が住んでいます。 天人は寿命が長く、苦しみを感じることがほとんどありません。 しかし、煩悩から完全に脱却出来ているわけではなく、仏教と出会えないため解脱(輪廻から脱出し、悟りの世界へ行くこと)ができません。

人間道(にんげんどう)

人間道は、私たち人間が生きている世界です。 生病老死の四苦八苦があり苦しみに満ちた世界ですが、楽しみもあるとされています。 六道の中では唯一自力で仏教と出会える世界とされており、解脱して仏となり、輪廻から解放されるという救いもあります。

修羅道(しゅらどう)

修羅道には、闘争的な神「阿修羅」が住んでいます。 その名の通り、争いが絶えず苦しみや怒りに溢れる世界です。 また、欲望を抑えることができない世界ともされています。

畜生道(ちくしょうどう)

畜生道は牛や馬などの、畜生の世界です。 弱肉強食の世界で互いに殺傷し続け合います。 また、人を蹴落としてでも自分が助かればいいというような利己的な世界でもあり、自力では仏教に出会うことができないため、救いが少ない世界と考えられています。