検索
  • 〜miyabi〜 雅

12月22日 施無畏菩薩(せむいぼさつ)悪夢じゃ~・

こんにちは!本日は施無畏菩薩のご縁日です。


施無畏菩薩



そもそも、施無畏(せむい)って何?


相手に危害を加えず恐れをいだかせないこと。三施の一つ。施無畏力をもっているために,観世音菩薩は施無畏者と呼ばれる。


無為とは、『恐れることはない!』それを施すのが、施無畏。


昨夜、悪夢を見ました。黒くて、大きくて、とても恐い何かわからないモノが襲ってきました。



普段は、そんな怖がりさんでは無いのですが、ものごっつ怖かったです。


物的攻撃は利くわけもなく、机なげたり、椅子で防御したり・・・


ちょっと冷静になり・・・『あーそういう事ね!』と印を結んでご真言を唱えました。


・・・っというところで、目が覚めました。


暫く、そのままご真言をとなえ、霊視・・・


正体を特定し、もう来れない様に対処いたしました。


下手に能力あると困ったものです。😂


普通の人なら、【生霊】


能力者だと、【呪い】が加味されます。


よく【人を呪わば穴二つ】といわれます。


これは二つの意味があります。


一つは、人を呪い殺そうとして墓穴を掘れば、自分の墓穴も必要になる・という事、陰陽師同士の術の掛け合いだと、当然、呪い返しも覚悟しなくてはいけません。


二つ目は、人に手を出せば、その仕返しをうけるので、理不尽な目にあっても、他人に手を出してはいけない。という訓戒です。


二つ目で誤解してはいけないのは、我慢しろ!って事ではありません。


やられたらやり返す、復讐法ではなく、別の方法を一旦冷静になって考えなさい!って事です。


半沢直樹のドラマ!今回は【施されたら施し返す、恩返しです。】


という感謝がテーマでした。


自身に悪い事が起こったとしてもネガティブに受け取らず、ポジティブに変換することが出来る様になれば、それこそ、【怖れることなどない】無為ですよね😀


全ては心の在り様、考え方で変えられると思います。

59回の閲覧0件のコメント