検索
  • 〜miyabi〜 雅

1月24日(日)家族旅行2

ゆかチャンは髪の毛をチョンチョコリンに結わき、ちゃんちゃんこを着ていました。


何故か昔チックな装いでした。


そう言えば、道順を間違えた角に石碑があり、少し違和感があった。


ゆかチャンに襲い掛かっている女はお姫様にも思えました。霊視してみると、


般若の面の裏は自分の子供の首を取られた恨みと哀しみが現存して、未だに自分の子と似て


いる年頃の女の子を見かけては『かえせ!』と襲い掛かる。


その後ろから、そのお姫様と子供を守っていたであろう血だらけの武者が私たちにも


刃を向けてきます。ゆかチャンの泣き叫びは尋常ではなく、さすがに車内全員が目を覚まし


近くの病院へ連れていくかと相談したほどでした。


この時、私はそれどころではなく、車を停めたいがアクセルから足は離れないし、


説明も出来ない状態でした。ちょっとでも意識を持ってかれると左の崖にハンドルを切りそうになるし


右の山に突っ込みたくなるし、心の中で祝詞を唱えるのがやっとでした。


このままでは間違いなくヤバい・・・


足とアクセルが離れなくても上りだったから何とか凌げたのだが、


道は明らかに下りに差し掛かってました。


慧華(奥様けいか)が様子が変だと理解して、私を正気に戻そうとしてくれてます。


土地に纏わる強力な怨念・怨霊から逃れる術は、【逃げる・離れる】事です。


後輪の滑る音が暗闇に響き渡ります。



       To be continued




173回の閲覧0件のコメント