検索
  • 〜miyabi〜 雅

1月21日(木)ツーリング🏍

高校生の時の話です。新聞配達のバイトをしていて、普段は、配達が終わってから


家に帰り、シャワーを浴びて学校に行ってました。


季節は夏


なんか、ツーリング日和だと、心の向きが【学校】よりも【🏍】へと向いてしまいます。


その日は特にそんな日で、バイトが終わって直ぐにツーリングに出発してしまいました。


着のみ着のままで、二股道やT字路に差し掛かると気分で左右を選びます。


峠を流していると、夏の日差しと木陰の温度差を肌で感じられて『きんもちいい~~っ』


正面に海が見えます。長崎というお土地柄、東西南北どちらに行っても海にぶつかります。


山をおりて、バイクが入れる所ギリギリの所まで行きました。


今はもう懐かしくなった”あまちやん”みたいな防波堤の先端です。


海にはよく行ってました。波の音・潮の流れ・水平線・行きかう船を見ているだけで


心が落ち着きます。


寝転がって空と海をみていたら、いつの間にか寝てしまい


「・・・ザッ・・・ザッ・・・ザリッ・・・・」


波音に混ざり・近づいてくる足音で目が覚めました


なんか直ぐに起きるのもばつが悪い気がしたので、目を閉じたまま様子を伺って


時間が経てば帰るだろうと、寝たふり作戦を敢行致しました。


その足音はすぐ近くにきていて、私の頭上で一瞬止まり覗き込んでいる気がしたので、


腕で目を隠しました。


しばらくすると離れて更に先に進んで行きます。


腕の隙間から薄目を開けて見てみると、女性の後ろ姿でした。


まぁ寝たふり作戦続行致します。


晴れ渡った空・青い海・眩しい太陽


この最高の環境の中で一片も悪い方向は想像していませんでした・・・




          To be continued






174回の閲覧0件のコメント