検索
  • 〜miyabi〜 雅

1月14日(木)悪・即・斬


その当時、中学生男子が勘違いしていたのは、生きている人を困らせているのは、【悪】の


一択で、勧善懲悪・悪即斬、まるでヒーロー気取り!


ばぁちゃんは【何故、そうなったのか❔】まで深読みして、説き伏せをします。


私の身体・口を使って説いている最中に・・・


【面倒くさい!やってしまった方が早い!】と思ってしまい、ばぁちゃんの術を破り、


降魔調伏・悪霊退散!!と自分の術式で始めてしまったんです。


そしたら・・・その子供さん・【子供といっても大学生です。】


大暴れしだしまして


祭壇をひっくり返して、取り押さえようとした私を軽く持ち上げ


スタスタスタとベランダの方へ・・・・


窓を開け


ベランダに


私を頭の上に抱えたまま


ここは地上12階


3~40mはあるのかな?


もがいても、人間のそれとは違う、何かの力・・・


あーもうだめだぁ・・・と思った時


ばぁちゃんの六甲秘呪の法が聞こえて


はっ!として見ると■■さん!


その大学生は足から崩れ落ち、私はその上に落ちたので全くケガはありませんでした。


普段頼りない■■さん


ベランダでのびている大学生と放心状態の私を尻目に淡々と祭壇を直し


場の仕切り直しをはじめています。


今度は■■さん先達で最初から粛々と清ながらも細大漏らさず遺漏無く執り行われました。


私はベランダからその様子をぼーーーーーーーっと眺めていました。


それが、私の最初で最後の失敗です。







115回の閲覧0件のコメント