検索
  • 〜miyabi〜 雅

彼女に憑いたモノ~4~





家には結界を張っておりますので、手持ちのコマを補充する事は出来ません。


次に彼女が出してきたのは、変質的な男でした。


気味悪い笑みを浮かべ、嘗め回すように我々に視線を這わせます。


こういう方々は生前より、自分が亡き後には人にとり憑く事を考えています。


サラサラ天昇なんか望んでいませんし、神や仏様などいるはずもない!


ご先祖供養?そんなもん必要ないね! 死んだらそれで終わりだよ!


・・・というタイプでした。


『お前たちは、何者だよ!余計な真似するなよ・邪魔するな!」


と口を片方だけ吊り上げ睨み付けてきます。