プロフィール

祖母が霊能者としてお勤めしていたのが私の起源でございます。幼少の頃より居間に座って、まるで絵本代わりのようにご相談者様の悩みや祖母の霊視を聴いておりました。 

あれは、15歳になった時、祖母は私に【霊能者】としての素質を見出し、『お前はご修行しなければいけない!』と迫られました。正直、その時は嫌々でしたが、祝詞、所作、作法を半ば強制的に覚えさせられ、中二の時には、軽度のお祓いは任せてもらえておりました。  

それから暫くは、学校、部活、時々お祓いの日々を過ごしておりましたが、祖母の【神道】だけのお祓いに限界を感じ、私なりの【道】を追及すべく、カトリック教会の神父様になる学校に通いました。世間では【エクソシスト】が流行っていた頃合いだったと思います。今思うと安直でお恥ずかしい限りです。 (笑) 

自分なりに色々、試行錯誤しながらも不足感の毎日、そんな時、何のご縁か、その後弟子入りすることにになる師匠と出会い、一子相伝口伝による【真言密教】のご修行をさせて頂きまして、それまで探し求めてきた足りなかった何かが【満ちた】と感じております。しかし未だ1人前には程遠く、皆様と共に成長していきたく存じます。 

この真言密教のご修行は現在は、私と家内2人で行っております。これも何か不思議なご縁なのでしょうか、家内も元々霊能力があり、お互いに切磋琢磨しながら霊視鑑定させていただいております。 

私は口下手なので、家内が主に電話対応しております。

​どうぞ宜しくお願い致します。